トリプルキャンサーのブログ

多少でもどなたかの参考になればと書き始めました

腹膜播種、凄い人のはなし。

学生のころの友人が日本史を専攻していたのに、社会人になりだいぶ経って会社をやめ大学院に通い、やがて臨床心理士になりました。

そして病院に勤める傍ら、今はがんサポートに勤めています。

私はがんなったことをあまり人に話したくなかったし、お勤めもしていないのであまりまわりの人に話す必要もなかったのですが、その友人には去年連絡をしてそれ以来、色々教えてもらったり相談にのってもらっています。

今回、HIPECの手術を受けるかどうか迷っている時に、がんサポートのホームページで腹膜播種手術を受けたと思われる女性の体験談が載っていたので聞いてみると、知り合いなので会わせてもらえる段取りまでしてくれました。

彼女はその時まだ手術し数ヵ月入院、そんなに経っていなくてあまり食事も取れず、大変な時だったにもかかわらず、友人と私の主人も含め4人で会って体験談やアドバイスをしてくれました。


彼女は35歳の時、顆粒性というタイプは違いますが卵巣境界悪性腫瘍になり、腹膜播種手術を10回ちかく受けたそうです。

しかも手術の時も、一人暮らしなので大阪の病院ではひとりで入院生活を乗りきっているそうです。

今年50歳なので15年も頑張っていらっしゃる、私からみたらカリスマなのです。

理系の彼女はみずからその先生の高価な学術書を購入して付箋紙を付け、ぼろぼろになるまで読み込んで勉強しています。

その学術書のなかには10人くらいの手術例が載っているのですが、その後生存しているのは彼女を含めて2人だけだそうです。

彼女が生き残っているのは偶然ではなくて、それだけ理解し努力を怠らない15年がそうさせているのではと思いました。

私も真似っこしようと思いましたが、その本は腹膜播種の先生から主治医に渡して下さいと言われたので目もろくに通さず渡してしまいました。

後から読みたいので貸して下さいと頼んだのですが、倉庫に入っててわからないとのこと⤵

先生に渡した時まったく興味なさそうだったから仕方がないけれど、あれ買うと一万円するから私もなかなか自腹切れなくてジレンマです。

そんなことじゃ駄目だと思うけど、読んでもやっぱりわからないでしょうね⤵

正直な話、どんな手術をするのかまったく理解していなくて、昨晩腹膜を剥がすって知ってエ~痛そうと、こころが折れそうです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。