トリプルキャンサーのブログ

多少でもどなたかの参考になればと書き始めました

もうすぐ3回目のクリスマス

病気が見つかって、

「もし手術をしなければ?」

の質問に、少しの間考えたのち

医師がペンで数字を書きながら

「今6ですが、7にはなれないでしょう」

と言われてから丸2年経ちました。

まだ2年なのに、凄く昔のことのような気がします。

もうあと3日で3回目のクリスマスです。

あの時も、去年も、今年のクリスマスが来るかわからなかったし、誕生日も、新年号も、新駅開業も、東京オリンピックも、リニア新幹線も…。

でも先がことはわからないのは、私ひとりだけではないですね。

友人の弟さんがお医者様で、今はT大学の教授ですが、国立Gセンターの呼吸器でセカンドオピニオンの仕事もなさっていた方に、アドバイスのメールをいただいたことがありました。

そのアドバイスが、医学的な内容と思いきや、

宗教、道徳的な一冊の本を奨められました。

「ひとはなんでいきるか」トルストイ著

(岩波文庫)

どんな立派なお医者様でも、救える命もあればそうでない命もある。

日々、人の命と向き合いながら、己の無力さを感じてどうにもできない先にあるのは、道徳や宗教になってくるのかもしれないです。

短編集なのですぐ読めます。

もしご興味があれば、どうぞ。

ちょっと早いですが、メリークリスマス✨🎄✨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。