トリプルキャンサーのブログ

多少でもどなたかの参考になればと書き始めました

ゲノム解析

自分ががんであることがわかって 、手術したころにNHKでやっていたがんの特集で、たしか

`がん治療革命の衝撃´というタイトルで`ゲノム検査´で遺伝子異常を特定することで治療薬を見つけるという番組をやっていて、ご覧になられた方もいらっしゃると思います。


従来は臓器ごとのがんに薬を投与していたけれど、実はがんは遺伝子異常で起こるので、ゲノム検査をしてその遺伝子を特定してその人に合った治療薬を選定、治療する、個別化・精密医療(プレシジョンメディシン)をする時代になったという内容でした。


私がトリプルキャンサーであると医師から聞かされ、また卵巣境界悪性腫瘍で抗がん剤が効きにくいと説明されて、結局腹膜播種で打つ手なしとなってしまった時に、以前からこの番組を見て頭の片隅にあった、ゲノム検査をしようと決心しました。


とはいっても調べてみると東京近郊でゲノム検査をしているところは昨年はまだわずかしかなくて、NHKでやっていた北海道大学に行って検査するしかないのかと悩んでいました。

ところがラッキーなことに慶應大学でゲノム解析をおこなうことが新聞に載り、北大の先生が慶應にみえることが何度か問合せをして年が替わったころにわかってきました。


そこですぐ、2018年の1月の生検に間に合うタイミングで遺伝子検査を慶應でしてもらう段取りを取りつけ、腫瘍をゲノム解析していただきました。


今となれば、もう数ヵ月待てばがんゲノム中核拠点病院が全国に出来て費用もとても安くなったのですが、もうお金より命のほうが大切と頑張って大枚を叩いて検査を受けました。

話が少し前後してしまったのですが、いよいよ婦人科の治療をするにあたってセカンドオピニオンとして

①対がん協会で有明顧問のT先生による電話相談のほか、(前述の治験の薦め)

②有明がん研究会本体のT先生にも有効な薬をご享受頂いたり、

③築地国立がんセンターS先生にも(前述の腹膜播種余命宣告)

④慶應大学病院でのゲノム解析

と婦人科の治療に入るまえに色々なアドバイスをいただきました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。