トリプルキャンサーのブログ

多少でもどなたかの参考になればと書き始めました

医師のけげんな表情

一昨日は経過観察中の月1回の健診で、血液検査後に婦人科受診を受診しました。

いつものように主人と二人で診察室に入ると、医師が挨拶もそこそこに、

「血液検査ですが…」

と、こちらも先生も一番気にしていることなので、(たぶんマーカー値が倍くらいに上がっているのだろう)

と内心ガックリしながら検査結果の紙を指差す医師の指もとを覗きました。

医師は、

「実は、またマーカー値が下がっているのです。基準値が35以下ですが、今回は39です」

前回が46でわずか7しか下がっていないのですが、先生は前回、今回とも当然上がっているものと思っていたようでどうにも納得いかない様子。

今年2月に既にマーカー値が2000になり、境界悪性の為効かないと言われていた抗がん剤を9回し、50台になるまでは順調でした。

でもそれからはマーカーは基準値以下にならないばかりか、PETでは「腹膜播種の再燃」という読影結果に、医師もこれ以上出来ることはない…ということで標準治療外のオプチーボを薦められました。

当然、'再燃'となれば当然マーカーが上がってもおかしくないので、医師も意外だったと思います。

怪訝そうな医師の言葉に主人が、

「先生には信じてもらえないかもしれないですけど…」

と前置きして、

「僕の先輩が働いている会社で作っているβグルカンの入った健康食品を、だまされたと思って飲んでみて、と言われて飲んでいるのです。無料で送ってくれて、量を増やしたほうが効果があると言われてずっと飲んでいます」

「レーガン大統領ががんになった時、トラック一杯もβーグルカンを飲んで治ったっていう話です」

とその商品のカタログのにあったことを説明していました。

私はそれだけだとくだらないと一蹴されるかと思い、温熱にも行っています、保険適用なので」

と付け加えました。

医師は珍しく興味をもったのか、前回の診察の時にはインプットしなかったふたつについて、電子カルテに記載しながら、

「効けば何でもいいんですよ、

いつから飲んでいますか?

体に悪影響がないならいいですよ」

と喜んでくれたようでした。

私も何が効いているのか、いないのか正直わからないのですが、体調面ではサブイレウス気味で、大腸検査では

「カメラが途中までしか入らなかった」とか、

「奇跡的に通じている」

と言われています。

その為、お通じの薬を何種類も飲んでいたのに、いただいたβグルカンと乳酸菌の2種類を指示通り一日12、3袋飲みだしてから、そのゼリー状のものがまさに直通という感じでスムーズに出て行ってくれるようになっています。

(ごめんなさい。ほかに表現ができなくて)

そういう訳で、今回もマーカーが下がってうれしい気持ちはあるのですが、平穏なひとときも長くは続かないだろうと、次の一手を準備すべく動けるうちに、今年中に出来ることは備えておこうと、明日(もう今日)も外出する予定です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。