トリプルキャンサーのブログ

多少でもどなたかの参考になればと書き始めました

湯タンポとワンコとリンパ浮腫

寒くなってきたので、お腹に湯タンポを抱えて寝ると落ち着いて寝られます。

元々は、子宮がんや卵巣がんの手術でリンパ節郭清をした後遺症で足のリンパ浮腫なり、腫れと熱感のあるところをずっと冷やしていて、からだも冷えてしまうので、湯タンポを真夏もお腹に当てて使っていました。

足の熱感はだいぶ収まってきて、アイシングはさほどしなくても良くなってきたのですが、今でも通院の際少し歩くだけで足が象さんのようになってしまいます。

毎晩冷感ローションでドレナージ後、ヒルドイドと乳液で保湿して肌を保護し、腫れているところには更にロキソニンテープを貼って包帯をします。

その上にギプスのようなドイツ製の分厚い特注サポーターを装着し、足を高くして寝ています😁

熱感がひどい時は保冷剤を包帯とチューブの間に入れて、さらにアイスノンでアイシングするほど冷やしています。

湯タンポはからだの冷えを防ぐ目的もありますが、がん性疼痛の改善にも効果的です。

寒さが増してくると、今まで離れて寝ていたワンコも、布団に潜って一緒に寝るので、冬はさらに温かくなります♨☀

ワンコ🐺の名前はヒカルくん✨

もうすぐ16才になる(元)男の子です👨👩

(元)ミニチュアダックス小➡大です。

ペット🐺🐱はただかわいいだけでなく、心もからだも暖めてくれるかけがえもない存在ですね💓✨

話は戻りますが、主治医からは、

'リンパ浮腫は治らないから'

'痛かったらロキソニンあったら飲んでおいて下さい'

と言われるだけで、歩けなくなる、動けなくなる重篤な症状を発症するのに、婦人科の先生は術後のフォローには無関心です。

困ってリンパ浮腫をケアをしてくれるところをネットで探していたら、院内の整形外科にリンパ浮腫外来があり、皮膚科でもケアしてくれることを知って、主治医に頼んで紹介してもらいました😱

皮膚科の女医さんは、`リンパ郭清すれば6、7割くらいリンパ浮腫になるのだから、婦人科では治療できなくても他科に依頼するくらい、医師がすればいいのに、医師を変えられないんですか💢'

と怒って💢💢💨いました。

院内で連携して患者のケアをできる体制があるにも関わらず、手術と化学療法はするけど

後は放置でいたって無関心です。

と言うことで、昨日表参道にあるクリニックで念願のリンパ浮腫の吻合手術(LVA)をしてきました。

詳しい話はまた次回✋

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。