トリプルキャンサーのブログ

多少でもどなたかの参考になればと書き始めました

血液内科へ

昨日は2ヶ月ぶりに、経過観察中のろほう性悪性リンパ腫の診察の為、血液内科へ行ってきました。

11時の予約でしたが待っている人で座る席を探さなければならないほどで 、その大半は年配の方達でチラホラ若い方もいて、老若女女の婦人科とはだいぶ患者層が異なる病気なのだなあと眺めていました。

おかげさまで、悪性リンパ腫のほうは先日完全完解という評価を頂いているので、診察に行くのも気軽で🎵血液検査のsIL-2Rの結果も377と基準値内に入っており、暫くは経過観察でいけそうです。

その為、いつも結局婦人科の現在の報告と今後の治療について話をすることになるのですが、先生からはPETでよくわからなかったところを聞いても、やはり判断が難しいということらしく、'良く婦人科の先生と話し合って下さい'で終わりでした。(当たり前ですが)

その後主人が婦人科で手術について聞きたいことがあるとのことで、予約がなかったのですが受診をしました。

当初HIPECをしなければ腹膜播種は他に治療法がないと思っていたのですが、効きにくいと云われていた抗がん剤がある程度まで効き、その後マーカー値が下がりきらずPETでは播種の再燃が確認されて手術をどうするか迷っていました。

HIPECは侵襲が大きく、術後QOLが下がるのは間違いないと云われて、第一の選択肢から外しました。

キイトルーダというほぼオプジーボと同様な

免疫阻害薬が12月にマイクロサテライト不安定性の患者に保険適用になるそうで、私の場合リンチ症候群でそれに適用されるとゲノム解析の先生から提案をされました。

今はキイトルーダを第一の選択肢として考えているのですが、病気の進行が薬の適用まで待っていてくれるのかがポイントになると思っています。

先日、婦人科のほうで腹膜播種ではふつうやらないはずの手術の提案があったので、キイトルーダの治療を始めるまえに腫瘍減量術をやってもらえるのかを今日確かめに行きました。

すると前回とはだいぶトーンダウンしていてCTよりPETではだいぶ光っているところが確認されて、取りきれない可能性があるので手術の効果があまり期待できず、HIPECのほうがキチンと取ってもらえると思うとのこと。

以前にはHIPECにはあまり賛成でなく、癒着もひどいので手術できないと思うということだったのですが、手術してもらえるならば有り難いことともほかの何人ものドクターも口々におっしゃっています。

ということで今後の治療を巡ってHIPEC手術は11月はもうしないと決めたのですが、今後の先は決めかねてまた草津の先生のところに相談に行ってまいります。


グ グググ゙゙おやすみなさい。

(実は上のグの半角文字が消えないのです)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。